ヘナとヘアカラー何が違うの?

白髪を染めるという方法はいくつかありますが

 

ポンテでは

 

・ヘアカラー

 

・ヘナ

 

・香草(ハーブ)カラー

 

・ヘアマニキュア

 

の4種類をそろえております。

 

 

と言っても何がどう違うかわからないですよね。

 

今回は各種カラーの違いについて

 

お話しさせていただきたいと思います。

 

 

【ヘアカラー】

 

一般的に白髪を染めるというとこのヘアカラーが多いです。

 

●メリット●

 

・白髪がしっかり染まる

 

・色もちがいい

 

・明るさ、色を選べる

 

・短時間で染まる

 

■デメリット■

 

・しみることがある

 

・髪が傷む

 

・アレルギー反応が起こることがある

 

 

アレルギーに関しては1,000人に一人くらいの割合で

 

発症すると言われています。

 

 

 

【ヘナ】

 

植物100%。ヘアカラーにアレルギーがある方や

 

健康志向の方はこちらで染めます。

 

●メリット●

 

・髪のダメージが全くない

 

・カラー剤によるアレルギーの心配がない

 

・頭皮に刺激がない

 

・髪にハリ・コシが出る

 

 

■デメリット■

 

・明るくできない

 

・ヘアカラーのように均一な染まりにはならない

 

・時間がかかる

 

・色味・明るさの微妙な調節ができない

 

・ヘアカラーに比べて少し割高

 

 

 

 

【香草(ハーブ)カラー】

 

特に明るくする必要がなく、しっかり白髪を染めたい方には

 

こちらを使います。ヘナやハーブの粉末の中に

 

ヘアカラーと同じ染料が5%程度入っています。

 

 

●メリット●

 

・短時間で染まる

 

・白髪がしっかり染まる

 

・髪のダメージがない

 

 

■デメリット■

 

・カラー剤によるアレルギーが出ることがある

 

・明るくできない

 

・カラー剤に比べ低刺激だが、人によっては刺激を感じる

 

 

 

【ヘアマニキュア】

 

白髪が生えてきたときにくっきり境目が付いてしまうのが

 

嫌な方に使います。

 

年配の方で白髪を紫や赤などきれいに染めている方は

 

このヘアマニキュアを使います。

 

 

●メリット●

 

・髪のダメージがない

 

・白髪が出てきた部分との境目がぼやける

 

・色味が豊富

 

・頭皮につけないので刺激がない

 

・短時間で染まる

 

■デメリット■

 

・明るくできない

 

・色落ちが早い

 

 

 

このように一口に白髪染めと言っても

 

お客様が何を重要視すえるかやライフスタイルによって

 

どれを使うかを

 

プロの知識をもってカウンセリングさせていただきます。

 

 

続きを読む

【ダメージレスカラー】にご注意ください。

 

『髪を傷ませたくない!』

 

当たり前ですよね?

 

 

髪を傷ませたい人はいないはずです。

 

 

なので、色々なメーカーや美容院が

 

“ダメージレスカラー”というものを打ち出しています。

 

 

 

本当に髪を傷ませずカラーすることができるのでしょうか?

 

 

答えは“NO”です。

 

 

 

髪に薬剤をつける以上必ずダメージはあるとおもってください。

 

 

 

少し前に、なんちゃらカラーっていう

 

外国人風の髪色に!しかもダメージレス!

 

っていうのが流行ったんです。

 

 

 

続きを読む 0 コメント