達磨(だるま)

だるまの目入れをしました。

 

 

願いをこめて、左目にマル●!!

 

祈願が成就したら、

 

右目に目を入れます。

 

だるまって、「ころころしたオジサン」ってイメージがあります。

 

 

かわいいような・・・かわいくないような。

 

 

達磨大師(だるまだいし)という人が、9年間もの間、壁に向かって座禅修行を行い、悟りに達したそうです。(面壁九年)

9年間と長い座禅修行で、手足が腐ってなくなった伝説から、

のちに、だるまという置物が生まれたそうです。

 

だるま」には、そんな話があったのです。

 

びっくりするくらい、こわい話でした。ごめんなさい。

 

由来はともかく、日本では縁起物として愛されていますね。

 

だるまに見守られながら、2012年を幸せに過ごしたいと思います。

☆皆様に幸あれ☆