髪を治すということ

 

 

今日はまじめなお話。

 

 

 

傷んだ髪を治したい!!

 

というのは、皆様共通の思いかと思います。

 

 

 

結論から言いますと

 

“一度傷んだ髪は治りません!!”

 

 

 

治すということは

 

はがれてしまったキューティクルを元通りにし

 

内部から流れ出てしまったたんぱく質を元に戻し

 

生えてきた時と同じ状態にして

 

初めて治ったといえます。

 

 

 

でも髪の毛は血液の通っていない

 

死んだ細胞の塊です。

 

自己治癒能力がないのです。

 

 

 

髪の毛の主成分はたんぱく質ですが

 

同じ成分のたんぱく質を

 

いくら髪につけても

 

それが髪の中に入っていって

 

髪の細胞と同化することは絶対にありません

 

 

 

なのでいくら高いトリートメントをしても

 

傷んでしまった髪自体が

 

治るということではないのです。

 

 

 

あくまでも手触りをよくするための

 

表面上の補修です。

 

 

 

それよりも大事なことは

 

新しく生えてきた健康な髪を

 

いかに傷ませずにカラーやパーマをするかという

 

ことなのです。

 

 

カラーやパーマで傷ませて

 

上から補修ではいつまでたっても

 

トリートメントにコーティングされた

 

内側の髪は、傷んだままです。

 

 

 

なので当店では

 

カラーやパーマの前に

 

これでもかって位トリートメントするんです。

 

それもコーティングではなく

 

薬剤の力は落とさずに

 

有害な部分のみを極力弱め施術するタイプのものです。

 

そして同時に髪の水分量を増やし

 

ダメージを極限まで抑えます。

 

 

 

 

トリートメントしてるのに髪がよくならない…

 

という方!!

 

ご相談ください。

 

 

1回では治すことは不可能ですが

 

カラーやパーマをしつつも

 

傷ませずに伸ばしていくことも可能です。

 

 

 

本当は髪の医者・病院と謳いたかったのですが

 

そういってしまうともう詐欺すれすれだし

 

髪が治るとか嘘は苦手なんで。

 

 

 

 

 

 

なのでうちは『ヘアエステ(髪のエステ)』なんです。

 

 

治せはしないけど

 

きれいな髪になるお手伝いをさせていただきます。