毛量調整の美学

 

当ホームページを始めてご覧になる方は

 

何かしら検索をしてこのページにたどり着くと思うのですが

 

その検索ワードで非常に多いのが

 

『カット すきすぎ』

 

『カット 傷む』

 

『梳く バサバサ』

 

 

など、カットをしたらバサバサなった・傷んだという

 

お悩みの方が非常に多いと思います。

 

 

 

以前のブログにも書いたような気がしますが

 

髪はなるべく断面積が小さい状態で

 

スパッと切るのが一番傷みません。

 

 

スライドカットだ、エフェクトナンチャラだってのは

 

結構傷みます。

 

 

 

それよりもたぶん皆様が

 

傷んだと感じるのは

 

【梳きすぎ】によるような気がします。

 

 

毛量が多ければ梳くのですが

 

センスのない梳き方をすると…

 

 

 

こういったことになります。

 

毛量が多い人によく見られるのですが

 

これがまとまらない、パサつく、

 

傷む(実際は傷んでなくても傷んで見える)

 

原因であったりするわけです。

 

 

 

これを直すことは非常に難しいです。

 

切ってしまったものを伸ばす事はできないのですから。

 

 

なので根元付近の重いところを

 

スカスカにならない程度に

 

梳いてある線がつかないようにしていくしかないのです。

 

 

ハチが膨らむ、クセがあってボリュームが気になる人の

 

90%はこういったカットになってますね。

 

 

 

長ければ長い人ほどばっさりいけないことが多いので

 

直すのに時間がかかります。

 

 

 

 

どのようにすれば梳いてもパサパサにならないのか、

 

傷んだように見えないのかというと

 

↓このようになればいいわけです。

 

 

 

左側がパサパサカット、右がまとまるカットです。

 

 

先ほどの写真、見事に左の図のようになってますね。

 

 

量が多い人はたくさん梳かれることによって

 

せっかく作ったベースの形がなくなってしまってる人が

 

多いです。

 

 

そうすると軽くなりすぎた毛先はまとまりなく

 

縦横無尽に動きます。

 

 

パーマなどかけようものならただのバサバサです。

 

絶対まとまりません。

 

 

いかに毛先を薄くせずに

 

根元のぼてっとした部分を取り除くか。

 

これが腕の見せ所ですね。

 

 

根元から毛先までグラデーションのように少しづつ薄くする。

 

これが私の毛量調節における美学なんです。

 

 

これね、結構難しいですよ。