カラーにまつわる都市伝説


 

皆さんこんな話を聞いたことはありませんか?

 

 

『カラーを続けるとカラー剤が毛穴から入って

 

頭蓋骨が茶色く染まる…』

 

 

 

お分かりだと思いますがウソです。

 

 

 

まず、皮膚というものは外からの物質を

 

体内に入れないための防御器官です。

 

 

カラー剤のような分子量の大きなものは

 

まず毛穴から入ることはありません。

 

これはシャンプー剤にもいえることで

 

毛穴が詰まることはあっても

 

体内に侵入することはまずありえません。

 

 

(なので化粧品なんかも浸透させようと思ったら

 

イオン化して電子を帯びさせるか、

 

塗る麻酔薬のようなナノカプセル化しないと

 

なかなか肌の奥までは浸透しないんです。)

 

 

カラー剤の話に戻りましょう。

 

でも、なぜそのような都市伝説が

 

出てきたのかというと、思うに

 

ジアミンと言う染料が経皮吸収されることが

 

間違って広まったように思います。

 

 

 

このジアミンというのは赤褐色の染料で

 

カラー剤のほとんどに含まれ

 

アレルギーをひきおこす可能性があります。

 

 

ジアミンの入っていないカラー剤の代表は

 

『ヘナ』ですがヘナの色は【薄オレンジ】に

 

限定されてしまい、明るくすることもできないので

 

ジアミンに頼るほかないのですが…

 

 

 

※数種類のヘナを重ねることにより

 

ノンジアミンでブラウン系にすることもできますが

 

勉強中です …

 

 

 

 

なので、

 

頭皮の刺激が気になる方や

 

あまり頭皮につけて欲しくない方は

 

【ゼロタッチ】という技術を使い

 

頭皮にカラー剤をつけずに

 

根元からカラーを染めることができます!!

 

 

 

(その場合根元からべったり塗った場合に比べると


伸びたと感じるのが1週間程度


早く感じるかもしれません)




カラーがしみる方


ご相談ください!!