スキバサミ使わないんですか?

 

 

と、お客様に質問されました。

 

いや、使いますよ。

 

 

でも必要な部分に必要なだけしか使いません。

 

 

スキバサミをたくさん入れられて

 

バサバサになった経験がある方も

 

いらっしゃるのでは?

 

 

スキバサミは簡単に量を減らせる

 

便利な道具ではありますが

 

無差別に狙ったところ以外も切ってしまうという

 

マイナス面もあります。

 

 

特に髪の量が多い方は

 

美容師も何とか軽くしようと

 

一生懸命梳いた結果、全くまとまらない

 

残念なスタイルになってしまうことがあります。

 

 

 

そうして、お客様がスキバサミ恐怖症に

 

なってしまいます。

 

 

スキバサミと一言で言っても

 

私は4本のハサミを使い分けています。

スキ率と言って

 

一回ハサミを入れた時に

 

切れる率が違います。

 

 

 

左から5%、30%、40%、80%

 

 

女性に使うのは5%と40%

 

男性には30%と刈り上げ用の80%。

 

 

基本的に、女性の場合

 

5%のスキバサミで全体に一回ずつ

 

入れるだけです。

 

 

スタイルチェンジでバッサリ切ったときのみ

 

毛先40%のハサミで少しなじませます。

 

 

それだけ。

 

 

2度も3度もハサミを入れません。

 

 

 

梳けば梳くほどバサバサになるのを

 

知っていますからね。

 

 

 

それでも重い場合は

 

普通のハサミで重いところを取るか

 

こんなハサミで

頭の丸みに合わせて段の入れ方を

 

調節します。

 

 

 

一概に重いからと言って

 

量が多いとは限りません。

 

 

どちらかというと

 

この段の調節の方が大事だったりします。

 

 

頭の丸みに合わせた段を入れると

 

頭の形にフィットしたスタイルになり

 

バサバサにならず、モチがいいのです。

 

 

 

ちなみに、一般的に市販されている

 

スキバサミのカット率は50%…

 

 

3回ハサミを入れたら

 

50%の50%の50%…

 

87%は切れてしまいますので

 

スカスカになってしまいます。

 

 

 

50%のハサミはプロでも使いこなすの

 

難しいのでご自分では梳かないのが

 

無難ですね。

 

 

 

量を調節するというのは

 

ベースのカットよりも

 

奥が深くて美容師の技術力の差が

 

出やすい技術なのです。

 

 

 

スカスカになってお困りの方

 

ご相談ください。

 

 

 

貴女の髪は本当はもっと

 

まとまるはずの髪なのかもしれないですよ。